2018-05-14

かもす神社

 今年のGWは島根県の神魂(かもす)神社にお参りしてきました。実は実家が同じ町内にあって(徒歩10~15分)、実家も氏神様として祭っています。でも私はめったに参らないし、毎度「神魂っなんて読むんだっけな?」と迷うぐらいの不信心者です。
 まぁ神社マニアとか神社検定を受けている人なら読めるかもしれませんが、普通読めませんよね。でも近年読んだ「もやしもん」で「醸すぞー」とか言っていたのを思い出して、ああこれの連想で覚えておけばよいか、ってところに落ち着きました。別に酒に関係のある神様じゃあ無いんですけどね。
 てか、神魂神社って何の御利益があるのか良く分かっていません。本殿は国宝なので見る価値はあると思いますが、逆に言うと本殿以外は見るべきところもお店もないし、実際観光客もまばらです。交通の便も良くありません。

 実家の隣の町内には八重垣(やえがき)神社があって、実家からも徒歩7~10分ぐらいと近いです。そちらは縁結びの神様として知られているし、境内の鏡の池での縁占いも女性に人気があります。私はもういいやって感じでスルーしましたが、子供は楽しんでたみたいです。まだ高校生(男子)ですが、私の親からは「早くひ孫が見たい。学生結婚でもしないかねぇ」と言われて苦笑してます。ま、私も孫が見れなくなるかもしれない晩婚よりは早婚の方が良いかなと思いますが、こればっかりは縁が無いとどうしようもないですね。

 ちなみに李信伝異聞の李信は孫までは見れましたが、ひ孫は見れずに世を去っています。ひ孫(孫の李弦の子)が李広将軍として世に出るという設定で続編を書こうかと思っていたのですが、気力が溜まるのに時間がかかりそうです。10年後かな。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR