2014-05-14

李信の生涯は、史記の謎から浮かぶ

 最初「李信」の伝記を読みたいと思っていたわけですが、「史記」(中国の歴史書の第一)を読んでも事跡がわずか三つしか出てきません(史記・白起王翦(おうせん)列伝の中で脇役として語られている)。普通ならそれを読んで終わるところですが、その三つを元に謎解きを始めたところから深みにはまってしまいました。

 三つの事跡
前226年:始皇帝(この時点では秦王)を暗殺しようとした燕国の太子を捕らえた
    (ただし史記・始皇帝本紀の中では王賁(おうほん)が首を得たかのような記述があり、
     また史記・燕世家の中では燕王が斬ったかのような記述もある)
前225年:二十万の軍を率いて楚に進攻。途中までは順調だったが大敗して敗走した。
前222~221年:王賁(おうほん)が李信とともに燕・斉を破った。

 さて、李信の属した秦国は法律が厳しく、戦場に三日遅れて着けば打ち首が免れないほどです。大敗したら斬首は免れないと思われるし、仮に後の漢帝国のときのように大金を積んで死を免れても庶人に落ちて復帰は見込めないところです。
 しかし三年後には何事も無かったかのように燕・斉の攻撃に参加しています。王賁と並んで書かれているところを見ると、将軍クラスでの参加と考えられます。これは、よほど秦王の覚えめでたい人物でなければかなわないことでしょう。史記には家柄の記述が無く、燕国の太子を捕らえた以外の功も無い人物が何ゆえ覚えめでたかったのか、ここから李信の生涯の想像が始まりました。

 家柄も功も無いながら二十万の軍を授けられ、大敗の責任も厳罰でなかったとなると、武系の側近として信任されていたと考えるしかありません。しかし、側近として仕えたという記述も見当たらないので、もしかしたら表立って仕えたのでは無く「裏方」として仕えていたのではないかと考えました。
 一方、仕える相手の秦王(嬴政(えいせい))にも色々と謎があります。正当な血筋では無い(呂不韋(りょふい)の胤)と思わせる記述がありながら、誰も文句を言って無い(言えなかった)のは何故か、実は裏で暗闘があったのではないかと・・・。
 この二つをあわせて、実は李信は嬴政の即位前から裏方としてに仕えて信任され、一緒に暗闘を乗り切ったのでは無いかと想像しました。ここまでくると妄想に近いのかもしれませんが、そういう設定にすると次から次にストーリーが沸いてきました。

 暗闘を乗り切るにはそれなりの武芸も必要ですが、幸い史記・李将軍列伝には李家は代々射術を伝えていたとの記述があるので、やはり弓が得意だったのであろうと推察できます。しかし誰に習ったのかと考えたところで、弓が得意といえば匈奴であろうと思い浮かび、父親は元匈奴の将という設定にしました(この設定を李信の臨終においても生かすことができて大満足)。
 一方、嬴政の父親が人質として捕らえられていた趙国の邯鄲を脱出するときにも色々疑問が沸きました。秦国へ帰るメインルート(黄河沿い)は前線があって緊迫しているだろうから北へ大きく避けたのではないか考えました。そのルート上で李信の父親に脱出を助けられたとすれば、それをつてに李信が嬴政に仕えてもおかしくは無いなと想像が広がりました。

 結局、史記の色々な疑問点から想像が沸き、想像が更なる疑問と答え(想像)を呼び起こして連鎖が続き、結果としてストーリーが完成したのです。
 李信以外の人物間の確執とその顛末についても多く書きましたが、史記の謎はかくも想像を生み出す源泉であるという例として見てもらえれば幸いです。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR