2016-06-14

次男の李左車の出番は少ない

 李信には三人の息子がいるという設定ですが、次男の李左車は出番が少ないですね。
 三男の李必は李家の跡取りになるところまで描いてありますが、それはすなわち後の李広将軍の先祖ということです。私の中では祖父という設定です。
 長男の李良は出家して仙道を学び、いささかの術が使えるところまで描いてありますが、李少と改名したということは、後の武帝の時代に仕えた仙人の李少君を当然意識しています。

 李左車も何か伏線を考えて見たのですが、ネタ切れ、時間切れで結局書けませんでした。唐を建国する李家の先祖にするということもチラッと考えましたが、それはちょっと別の設定を考えていましたので・・・。李左車が韓信に請われて軍師になって関係上、最後は南のほうで暮らしていただろうから、そこから何か展開させたかったのですが、楚漢戦にも登場し損ねて、結局フェードアウトしてしまいました。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR