2014-05-09

書き始めてみたものの

 話は飛びましたが、ともかくいくつかのアイデアを元に小説を書き始めました。アイデアといっても所詮は断片的な思い付きなので、それを並べただけでは当然ながら不整合があちこちで出てきます。

 構想何年とかいうあおりのついた本や映画をよく見かけますが、やはりきちんと構想を練ったり、時代考証資料を集めたりしないと、書き始めてからあっちを修正、こっちを修正という羽目になってしまいます。一応、エクセルで登場人物と年号の表を作って、史記から各自の事跡をメモしていたのですが、史記も必ずしも正確な年号が書かれているわけではなく、前後の状況から推定せざるを得ない所もありました。一人二人ならともかく、約140人もの人物の事跡や年齢関係に整合を取るのはさすがに苦労しました。

 苦労して原稿を完成させても、後から後から間違いや矛盾が見つかります。たとえば「数え年」です。うっかり満年齢で書いていたのですが、昔の人は数え年を使っていたということを最後にやっと思い出して大幅書き換えです。まぁ大部分は単純に年齢を+1するとか、想定出生年を1年ずらすとかで済んだのですが、還暦という言葉を”数えで六十”のところで使うことになってしまい、「今年還暦を」を「来年には還暦を」に直したところもあります。

 もうひとつ苦労したのは地名です。専門家ならいざ知らず、私のような素人が「現住所を併記する」なんて怖いもの知らずもいいとこでした。同名異地はざらにあるし(平陽とか新城とか)、河川の氾濫や戦禍で場所が移動したとか、皆目見当のつかない場所とかも少なくないです。
 黄河の流れる位置も当時は違っていて、場所によっては今は河の北岸でも当時は南岸だったりします。うっかり河を渡ってと書いて、「あれ? 当時の位置だったら渡らないじゃん」と最後に慌てて修正したところもあります。

 多少の間違いは開き直ろうかと思いましたが、Web情報だけでは”多少”で済ませられなかったので、大枚はたいて地名辞典とか昔の地図帳とかを買いました。以下はその出費です。
 ・精選 中国地名辞典(塩英哲編訳) ¥12,599
 ・増補 中国地名辞典(星あやお著) ¥8,489
 ・中国歴史地図(朴漢済編著)    ¥3,800(税別)
 ・中国五千年史地図年表(集英社)  ¥2,500(税別)
 ・新版ベーシックアトラス中国地図帳 ¥1,500(税別)

 その他、手持ちの史記では「表」が省略されていたため、そこだけ専門書を買い足しました。
 ・史記 (十表 二)(寺田日出男著)¥7,900

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR