2014-12-14

張耳(ちょうじ):運は得やすけれど捨てる人また多し

 張耳(ちょうじ)は、李信と直接関わることがありません。しかし間接的な関わりは結構あります(下図参照)。なのでちょくちょく登場します。

張耳と李信の関わり

 この図の右半分は「史記」に記述があります。左半分は、李信が始皇帝に仕えているというところ以外は創造ですね。別に李信と張耳に関係を持たせる意図は無かったのですが、最後振り返ってみたら関係ができていたのです(^^;

 そもそも張耳について書き始めたのはページ不足を埋めるためでした。しかし書いているうちに色々と疑問が湧いてきました。特に劉邦が食客になった経緯については、「史記」にはいつからいつまでとか、どのような理由でとかは書かれていません。

 一般的なイメージで言うと食客というのは、単にそこで飯を食わせてもらっていたという関係ではないはずです。何か芸があったのか、任侠とか男気があったかしたはずです。でも劉邦に何か芸(特技)があったという記述はないし、イメージ的にも若いときは風来坊というかゴロツキというか、とても張耳(当時は県令)の客にふさわしいような気がしません。どうしようかと悩んだ末、「運気がある」というのも芸のうち、と考えてそれを売り込み文句にしました。

 もちろん運気というのは簡単に証明できる芸ではないので、張耳の食客の貫高(かんこう)がはねつけようとしますが、そのとき張耳が「運は得やすけれど捨てる人また多し」と言って劉邦を食客にします。もちろんそんな格言があるのかどうか私は知りませんが(^^;、ストーリー的には丸く収まりました。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR