2014-10-14

貴族の末裔、楊端和(ようたんわ)

 中国で、楊氏というと私は隋を建国した楊氏を思い浮かべます。隋は漢末から分裂がつづいた中国を統一したということで、秦帝国と似た所があります。隋が短命に終わって、その後の唐が長く続いた点も秦、漢の関係と似ています。

 さて、隋が頭の隅にあったので、なんとなく楊端和は貴族のイメージかと思いました。ただ、浮いた存在にならないように誰かと関連付けようとして、剣の達人である毛公の弟子ということにしました。これが結構つぼにはまって、ストーリー展開したので、李信の義兄弟の内では一番良く登場します。

(楊端和の数え歳で記載。7を引くと李信の歳)
【出生】趙の都、邯鄲で没落貴族の子として生まれる。
【少年時代】ややぐれて邯鄲の繁華街で遊び歩く。ある時、剣の達人である毛公に絡んだが逆にたしなめられ、以後毛公に師事して剣術を修める。
【20歳】博徒の魯句践(ろこうせん)に絡まれている李信に出会う。
【21歳】李信とともに嬴政(えいせい、後の始皇帝)の護り役として秦の都、咸陽へ行く。
【22歳】楚姫の放った刺客を李信、李善とともに撃退して嬴政を護る。
【26歳】義兄弟と共に従軍し、韓を攻める。
【27歳】三月咸陽(かんよう)に帰還し、嫁を取る。
【28歳】長男樛(きゅう)が生まれる。
【29歳】函谷関(かんこくかん)で五カ国連合軍と戦う。
【30歳】次男熊(ゆう)が生まれる。
【32歳】将軍になる。
【34歳】王翦(おうせん)の元で、義兄弟の桓齮(かんき)と共に趙を攻める。
【37歳】桓齮と共に趙の北部を攻めるも李牧(りぼく)に敗れる。
【38歳】死んだ桓齮の仇をうつために李信、羌瘣(きょうかい)と共に趙を攻めるも敗れる。
【41歳】李信、羌瘣(きょうかい)と共に趙を攻めて仇をうつ。
【42歳】毛公らを諭して邯鄲を落とす。
【43歳】長男樛が始皇帝の近侍となる。
【51歳】長男樛、次男熊が始皇帝の娘を娶る。
【54歳】長男樛、次男熊、李良、李必がおしのび中の始皇帝を暗殺から護る。
【60歳】長男樛が二世皇帝に殉死させられる。
【61歳】叛乱した楚の武臣に邯鄲を明け渡す。
【62歳】次男熊が謀叛を疑われて処刑される。
【67歳】崩壊した邯鄲を再建しようとしたが・・・

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR