2014-09-03

暗躍する尉繚(うつりょう)

 尉繚については「史記・始皇本紀」から次の二つが判っています。
1.秦王嬴政(えいせい、後の始皇帝)に六国を滅ぼすための献策を行い、嬴政はその計に従った(実行は李斯(りし))。
2.嬴政の人相から見て取れる性格を批判して逃げようとするが、嬴政が硬く引き止めて尉として遇する。
 さらに、武経七書(中国の代表的な古典的兵書)の一つである尉繚子を書いた人物ではないかとの説もあります。

 物語を創るとき、最初は尉繚を李信の軍師にしようかと思いましたが、嬴政の性格を批判している点から逆に敵対勢力として暗躍させた方がしっくりすると感じました。ただ、人相からみた性格判断だけで敵対するのは動機が弱いなと思って、動機を創造することにしまた。

 史記によると尉繚の出身地は魏の大梁(たいりょう)です。大梁と言えば本書でたびたび登場する信陵君(しんりょうくん)に思い当たります。信陵君は嬴政に恨まれて姦計に嵌められ、無念の死を遂げます。そこで、信陵君を慕う者が嬴政に復讐するという設定なら無理がなろうと考えました。できれば肉親の方がより恨みが深いだろうと思ったのですが、あいにく名前からは直接の関係は推察できません。それでは隠し子にするか、と考えたところで例によって妄想が炸裂し、信陵君が邯鄲にいたときに趙姫との間で設けた子としました。

 次に復讐の方法ですが、頭の切れる人物ですから表立っては行動せず、裏で暗躍させることにしました。およそ嬴政に迫る身の危険はすべて尉繚がからんでいても不思議はありません。李信はさすがに尉繚を怪しいと感じますが、尉繚は巧みに本心を隠し、常に第三者を立てて暗殺を目論見ます。もちろん第三者と会うときは老人に変装して身元がばれないようにします。

 はたして尉繚の目論見はいかな結末を迎えるのか、根暗な尉繚の存在を浮かび上がらせた本書をご覧あれ。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR