2014-05-06

小説を書くきっかけ

 私は日本語よりもC言語やアセンブラ言語の方が得意なバリバリのエンジニアなのです。今まで小説家を目指したことは一度も無く、まさか自費までかけて小説を出版しようとは自分でも思っても見ませんでした。

 きっかけは1年ちょっと前(2013年2月ごろ)のことです。客先向け提案書の文面がなかなかまとまらず、ついに終電を逃して駅前のマンガ喫茶で一夜を明かす羽目になりました。最初はそのまま寝ようかと思っていたのですが、なんとなく寝付けず、ふと中国の歴史物でも読もうかという気になりました。

 別に中国歴史物オタクというほどではありませんが、マンガの三国志(横山輝光)は全巻持っているし、小説は、三国志(吉川英治)、項羽と劉邦(司馬遼太郎)、十八史略(陳舜臣)、漢籍(中国人が漢文で書いた書物)の翻訳本は、水滸伝、西遊記、史記、左伝とまあまあ読んでるし、わりと中国物が好きなんですよ。んで、物色していたらキングダムというマンガが面陳(表紙が見える状態で棚置)してあって、これでいいかと読み始めたら結局夜を明かしてしまいました。主人公は後に将軍になる李信で、後に始皇帝になる秦王にため口をきく関係となって物語が展開していきます。結構面白かったです。

 ただ十八史略を読んで持っていた始皇帝のイメージとはずいぶんかけ離れている内容だったし、李信も代々弓術を持って仕えた子孫を残しているわりには全然弓を使わないので何となく不満が残り、その時代の小説を探して読みはじめました。「始皇帝」「白起」さらには改めて史記の該当年代を読んでいるうちに、不思議と無性に「李信」が読みたくなったのです。でも残念ながら李信の小説本は売られていませんでした。

 それでも「李信」が読みたい、「李信」が読みたいと思っているうちに、李信はきっとこんな生涯を送ったんじゃないか、というようなアイデアがふつふつ沸き始めて、ついに3月の下旬ごろから物語を書き始めました。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR