2014-08-03

返本率76%

 半年たって、出版社(V2)から配本状況の連絡がありました。下のグラフ(上側)に示すとおり印刷1500冊のうち、取次店による配本実績が54%、出版元営業さんが注文をとったのが5%、補充の推定値(直販含む)が2%、合計61%(928冊)が書店へ卸されています。

 結果として半年間に返本されなかった本、つまり売れた本と市中在庫の合計は224冊だと連絡がありました。返本率は、実に76%になる計算です。最初のブログ記事に「初回配本が売れても補充なし」と書きましたが、実態は「返本したから補充なし」が大多数だったようです。

 市中在庫は、ネット見れる範囲では50冊程度です。それらは大手書店で占められているので、その他は少ないと考えて市中在庫74冊とすれば実売は150冊になります。逆にワーストケースとして、補充があった書店だけが実売したと考えるとネットから見た状況では50冊どまりになります。

 つまり、実売は50~150冊の範囲ということで、根拠はありませんが間を取って100冊が実売だと考えています。


配本実績


 ちなみに配本予定は上のグラフ(下側)で考えていました。これは出版社さんのホームページに記載された比率より少なめに計算した値です。実績がそれより下回ったのは残念です。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR