2014-07-05

羌瘣(きょうかい)が姜維の先祖に?

 李信には三人の義兄弟がいます。その一人の羌瘣(きょうかい)について語るには、まず秦国の西に在住する羌族について述べねばなりますまい。
 中国周辺にはいろいろな民族がいて、裕福な中原(中国の中心地帯)を虎視眈々と狙っていました。有名なのは北方の匈奴(きょうど)で、史記にも列伝が作られているほどです。一方、西の羌(族)については後漢書にようやく列伝が記載される程度で、少なくとも私の中では知名度はいまひとつでした。

 しかし歴史上の登場は匈奴より早く、紀元前1046年ごろ周王朝が殷王朝を倒したときに羌族が周に手を貸しています。この事跡から、始めは羌族は比較的友好的で羌瘣も羌族を率いて秦に協力していた、という設定で考えていました。しかし、秦帝国が築いた長城が西の羌族との境まで伸びているし、李信の子孫の李広将軍も羌族と戦っていることから、羌族は匈奴同様に秦を悩ます民族だったという方が自然であろうと考えるようになりました。

 このとき困ったのが羌瘣です。同じ羌姓で無関係のまま放っておくのも何となく気持ち悪く、罪を犯して同族から逃げたとか、羌姓でしっくりする背景をいろいろ考えてみました。でもあんまり良いストーリーは思いつかず、それならいっそ無関係であることを強調するストーリーにするかと考えました。まず秦王に「羌(族)は羌(瘣)をもって制す」と言わしめて両者を戦わせておいた上で、部下から見れば上官も敵も羌とあっては不信感が拭いきれず、ついに羌瘣が姜瘣に改姓せざるを得なかったとしました。

 その後、姜瘣は負傷して冀県(きけん)に引きこもり、そこで子孫が豪族として栄えると書きました。それ以上は書いてありませんが、三国志の熱烈なファンなら姜姓で冀県の豪族といえば英雄の姜維(きょうい)だろうと思い浮かべるかもしれません。さすがにこれは、こじつけが過ぎるとは思いましたが、李信と家族ぐるみのお付き合いとなった羌瘣に有名な子孫がいないのは寂しいなと思って、まぁこれぐらいの座興は許してねって感じで書きました。反発する人もいるかもしれませんので、はっきり先祖だとは書きませんでしたが(^^;

追伸(謎):キングダムの羌瘣ファンの人へ。ゴメンなさい、ゴメンなさい、ゴメンなさい(^^;

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR