2016-01-04

桓齮(かんき)の出番は少ない

 李信の三人の義兄弟、楊端和、桓齮、羌瘣の登場回数は、15回、9回、12回です。桓齮はまじめな性格でインパクトが少なく、しかも早死にしてしまうので印象が残らないかと思います。ただ李信の跡継ぎとなる三男(李必)の命名に深く関わってきます。李必を跡継ぎにすることで、後世の李広将軍に至る遠謀を計るという本書の隠れた意図からすると、とても重要な役割といえるでしょう。

前246年(桓齮26歳) 李信と出会う
前244年(28歳)    麃公(ひょうこう)に従い韓を攻める
前243年(29歳)    麃公に従い魏を攻める
前242年(30歳)    李信の妹に恋される
前241年(31歳)    五カ国連合軍と戦う
前237年(35歳)    将軍となる
前236年(36歳)    趙を攻める
前234年(38歳)    趙を攻め、手柄を立てる
前233年(39歳)    李牧に敗れる

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR