2015-02-08

800冊引き取り

 1年間の販売冊数は、278冊でした。残り1222冊を売り切るのには、仮に今後年間50冊売れたとしても25年はかかる計算です。

 V2ソリューションさんとの契約で、1年目で200冊以上在庫が残っている場合は引取りが必要になります(※)。最初は200冊だけ在庫して、残りを引き取りしなければならないかと思っていたのですが、今回は800冊以上なら良いということで、800冊引き取りました。どうやらある程度売れるものは、その数量を加味して引き取り数を決めているようです。800冊未満も選択可能でしたが、その場合は送料負担が必要とのことでした。また廃棄冊数の指定も可能になっていました。
 ※契約上は「V2は引取りを要求できる」であって、「著者の引取りが必要」とは書かれてない。

 引き取り本は34x46x22cmの箱に50冊を詰め込んだ状態で、16箱送られてきました。内310冊が返本で、490冊が新本でした。10冊単位で包装してあります。返本1包みを開けてみましたが特に汚れは目に付きませんでした。

 次の引き取りは2年目で、50冊以上の在庫が残っていた場合となっています。今の売れ行きからすると200冊は引き取りになりそうな感じですね。

売り上げ冊数
売り上げ.冊数png

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR