2014-06-01

戦国四君:信陵君(しんりょうくん)

 戦国四君の中で一番有名なのは、孟嘗君(もうしょうくん)でしょう。鶏鳴狗盗といった食客の助けにより秦国から痛快な脱出劇を演じたということで、当時から庶民の人気を博していたと思われます。しかしながら、史記にはちょっと風貌をからかわれた程度で村人を皆殺しにしたとの記述があり、斉の宰相という身分だけど実質やくざの親分ぽい人だったかもしれません。

 ともかく本書の時点では孟嘗君は世を去っていました。本書では残り三君のうち信陵君(しんりょうくん)が意外なほど重要な位置づけとなってしまいました。最初に史記から事跡を拾ったときは、そんなに重要な位置づけを考えていませんでした。
(事跡)
■秦国に攻められた邯鄲を助けた
■邯鄲にいたときに毛公(もうこう)、薛公(せつこう)と交わりを結んだ
■合従軍を起こして秦国を攻めた
■秦国の謀略で失脚し、ついには病死した
■劉邦が信陵君を祭った
こう見るとたしかに秦国との関わりが深いのですが、ストーリーを練っているうちに本書ではさらに深い関係図が出来上がりました(嬴政(えいせい)が後の始皇帝です:6月7日追記)。

相関図

 そもそもは、例によって史記の謎解きから始まっています。
疑問1.嬴子楚(えいしそ)の妻の趙姫は、秦国の攻撃を受けている邯鄲に置き去りにされながら、よく生きていられたものだ。
疑問2.脱出した嬴子楚は、咸陽で美人を愛して子を設けたが、その話は趙姫に伝わったのか? 伝わっていたとしたら趙姫は絶望しなかったのか?

 1については、誰かに庇護してもらったのだろうと想像できます。しかし誰に?
なにしろ秦国に攻められて邯鄲城内は「子を換えて食う(我が子は食えないので他人の子と交換して食う)」という有様。しかも邯鄲を攻める前に秦軍は四十万の投降兵を虐殺までしているので、邯鄲の民の恨みは尋常でなかったはず。仮に趙王が手出しするなと言ったとしても素直に言うことを聞くとも思えない。
 そこで、邯鄲の民が感謝感激している信陵君(自国の将軍を斬ってまで救助に駆けつけた人)の言うことならば、おとなしく聞いて手出ししなかったのではないかと考えました。ここまではそんなに突飛な考えではないと思います。

 さて疑問の2を考えたとき、もし絶望したのなら誰が慰めたのか。信陵君だったとしても不思議は無かろう、と考え、ここから例によって妄想が爆発しました。子ができたのではないか、その子はどうなった、信陵君が失脚してその子は何か復讐を考えたのか、と次々に妄想の連鎖によってストーリーが浮かび上がりました。
 さらに信陵君と交わりを結んだ毛公(もうこう)から李信や楊端和(ようたんわ)につながり、上図のような関係が出来上がりました。結果として、物語の始めの方の邯鄲攻防から、終わりの方の劉邦が祭る話まで、けっこう幅広く信陵君の名前が登場することとなりました。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2014-06-07

営業で売れても補充無し

 先日「初回配本で売れても補充無し」と書きましたが、初回配本というのは取次店(出版社と本屋さんの間にある会社)が独自の配本パターンにしたがって本屋さん送るものなので、本屋さんから発注したものではありません。本屋さんとしては販売ノルマを与えられたようなもので、その本が売れたとしても「ノルマ達成」であって、必ずしも補充しないというのは致し方の無いことかもしれません。

 ちなみに、本屋さんは本が売れてから取次店へ支払いすればよいと私は思っていたのですが、実は契約によっては売れたかどうかにかかわらず2週間後とか1ヶ月後で代金回収されてしまうようです。もちろん後日返品すればその代金も返ってくるのでしょうが、金利やキャッシュフローを考えるとそう簡単には在庫を持てないということになります。

 さて、強制的な配本では無くて本屋さんの判断で注文した場合は、売れると思って注文したのだから実際に売れれば当然補充してくれても良さそうです。しかし、必ずしもそうではないようで、またしても愕然としました。
 本屋さんの自発的な判断なら補充はあるのでしょうが、出版社の営業担当から勧められた場合は、「お付き合い」で発注して、売れたら「お付き合いノルマ達成」となるのかもしれません。
 実際、V2ソリューション(お手軽出版ドットコム)の営業さんが本屋さんへ売込みして、本屋さんに発注してもらった冊数を下記に示しますが、ネットで在庫確認してみると売り切れても補充されないケースが目に付きます。

営業

 このうちネットで在庫確認できる本屋さんからの発注は16冊だったので、全体の傾向として必ずしも補充されないというには言いすぎかもしれません。

 ところで、上のグラフを見て判ると思いますが、5月の営業成績は0冊です。理由としては「在庫が残っている本屋が多い」とのことでした。ネットで在庫を見れる本屋さんで現在在庫のある店舗は、多いところでも全店舗の1/3、少ないところでは1/10以下なので納得しがたい理由ではありますが、V2の営業さんが回ってる店舗では残っているところが多いのでしょうね。

 よくよく考えてみると、V2さんも毎月新刊を何冊も出しているので、本書にかける手間はわずかだろうなと想像できます。さすがに出版した月は多少時間を割いてくれるかもしれませんが、1月の新刊は小説だけでも6冊、その他合計で14冊もあります。面会時間を1時間とすると1冊5分以下、過去3ヶ月分の売込みやら挨拶やら何やら考えると、1冊の紹介時間は3分以下とか1分以下ということも十分考えられます。もともと営業期間は2~3ヶ月という話だったし、いまさら1月新刊の売り込みに時間を割けなかったというのが実情ではないかと思われます。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2014-06-16

廉頗(れんぱ)を恨む郭開

 漫画キングダムでは李信が廉頗(れんぱ)将軍と対決していますが、残念ながら(?)本書では対決しません。というか一度も会いません。でも李信の父が李家村に住み付いたのは廉頗将軍に敗れたためなので、廉頗がいなければ李信は生まれてこなかったかもしれません。つまり李信の出生に大きく影響した人物です。

 だからと言う訳ではありませんが、李信と一度も会わない割には本書の前半に廉頗がたびたび登場します。実は、郭開(かくかい)との確執を思いついて、それが気に入って書いてしまったのです。

 廉頗は、藺相如(りんしょうじょ)と刎頚(ふんけい)の友[相手に首を切られても良いというほどの仲]になった故事で知られていますが、実はこれを読んで一つ気になったことがあります。藺相如は廉頗のせいで都中の笑いものになりましたが、藺相如としては深慮遠謀ゆえの結果だったので廉頗を恨む気もちは無かったかも知れません。しかし主人を笑いものにされて悔しい思いをした部下が全員結果を納得したのだろうかというところで疑問が出てきました。

 もしかしたら納得せずに廉頗を恨み続けていた人物がいたのではないか、と考えたところで郭開に思い当たりました。史記には、「郭開は廉頗を嫌っていて、策謀によって廉頗の帰国を阻止した」というようなことが書かれています。何で嫌っていたかの説明は史記には書かれていませんが、藺相如の件で恨んでいたとしたらしっくりする気がしました。

 そう思いついたら例のごとく妄想が爆発しました。そんなに嫌っていたのなら、帰国だけでなくたびたび廉頗を失脚させようとしたに違いない、長平に派遣された廉頗が更迭された件、廉頗が内乱を起こした件、とにかく廉頗に不都合な事跡すべてに郭開が絡んでいたに違いない、と妄想の連鎖が始まり、結果として下表のように二人の確執が物語の中にたびたび出てくることになりました。確執と言っても郭開の一方的な恨みなので廉頗は気づかなかったかもしれませんが。

れんぱのかかわり

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2014-06-22

1冊117円の赤字

 校了したらいよいよ印刷です。以下のように進みました。
■校了前に最終見積もり金額の連絡がV2ソリューションさんからメールであり(11月29日)、
■最終PDFデータの確認をして、印刷okの返事をすると(12月3日)、印刷作業に入ったと連絡ありました。
■契約書類や振込み用紙が送られてきて、印刷上がり前までに振り込みしました。
■12月25日に印刷が終わって、こちらから指定していた著者納品分20冊を発送したとの連絡があり、
 「2~3週間ほどでオンライン書店を含む書店のデータベースに反映され、注文が可能な状態になる」
 「その後1週間ほどで一般書店に委託配本される予定」
 とのことでした。

 つまり印刷が終わって書店に並ぶまでに1ヶ月ほどかかるということでしたが、実際には1月8日ごろからネットに予約可能な書店が出始め、1月中旬から書店に並んでいます。

 さて、印刷部数については話が前後しますが、ISBN(国際標準図書番号)取得時に申請しなければならないらしく、印刷部数は校了よりも前の段階で決め手おかねばならないのです。
 部数については、ずんぶん悩みました。悩む要素としては、
①売価と一冊あたり原価(自分で決められる)
②売れ残りのリスク。特に1年後に自宅へ在庫が大量に戻ってくる可能性がある(実売部数で決まる)。
③何冊配本されるか事前に確定しない(取次店の意向で決まる)
と3つありあります。

 ①の売価については、自分の感覚として1500円超えたら買わないだろうなというこだわりがあり、本体価格1400円は最初に決めてしまいました。一冊あたり原価は印刷部数で決まります。部数が増えても印刷費はそれほど増えないので、部数が多いほど原価を下げられます。下表に部数の違いによる原価構成を示します(注:流通マージンは売れたら発生するので事前支払いはありません)。

原価構成

 最初は利益が出ることを考えて3000部で見積もったのですが、最終的には半分に減らしたので、1冊117円の赤字です。もちろん印刷部数が全部売れた場合の話です。
 流通マージンはV2ソリューションさんの場合は、本体価格の50%と決まっていますので700円固定です。ネットの情報から推定すると、
 ・発行所:V2さん(取次ぎ店の口座なし) 10%
 ・発売元:星雲社さん(取次ぎ店の口座あり) 10%
 ・取次ぎ店 10%
 ・書店 20%
ぐらいで、妥当なところと思います。
 しかし委託手数料(委託配本手数料とV2さん営業費用)というのは不詳です。営業費用はその中の20%を占め、、実際に書店回りをしたりポップを作成するということなので分かりますが、残りは誰が何の作業をしてるのか聞けていません。返本された本のカバーが傷んでいたら交換するようなことも言っていたような?

 ②の売れ残りリスクで大きいのは、1年後に200冊以上の売れ残り在庫があったら著者に引取りを要求できるという契約条項です。印刷費は事前に払ってあるので、問題としては自宅に置けるかどうかということです。ネットで見る限り、無名の新人が1000冊売るのも厳しいということなので、3000部印刷したら、2000部以上が戻ってくる確率が高いということです。さすがにそんなに保管できないし、捨てるのは悲しいし。

 ③の配本(書店からの注文が無くても取次ぎ店が書店へ送る)が何冊になるか分からないというのも悩みどころです。たとえ売れなくても書店で多くの人に見てもらえるなら自分としては良いのですが、最近は配本を絞る傾向にあるようです。そのあたりを聞いたところ、過去3000部印刷で2000部配本されたものがあるのを記憶している、最近だと2000部印刷で1000部配本、特に小説だと1000部以下の場合がほとんどということらしいです。

 あれこれ勘案したのですが、結局自宅に1000部は置けるだろう、というところで1500部としました(最低500部は売れると期待して^^;)

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR