2015-10-06

「中国歴史小説」という分類が無い

 図書の分類コード(日本十進分類法)やISBNコードの分類記号(Cより後の4桁)には、「中国歴史小説」という分類が無いのです。書店でそういう棚を見かけたことがあったので、てっきりあるものと思っていました。

 自分の本は「日本文学」ということなのですが、日本語でかかれた文学という意味合いのようですね。舞台が中国なのに日本文学といわれると何か違和感あるのですが、火星が舞台でも火星文学とは言わないのと同じですかね。ちなみに昔はSF小説(空想科学小説)をよく読みましたが、そういう分類コードもないようです。

 歴史小説とかSF小説とかいうジャンル分類は、特に本に表示されているわけではないので、書店の店員さんが1冊1冊タイトルとか帯を見て判断しているんでしょうね。実際私の本も「(中国)歴史小説」の棚ではなく、別の棚に置かれているのを見かけたことがありますが、そうなるのも無理からぬことなのですね。帯をつけて「中国歴史小説」とジャンルを明示しておけばよかったかなぁ。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2016-10-23

あっという間の1ヶ月

 私事ですが (ってブログは私事を書く場所か(^^;) 今月転職したんです。
 新しい仕事を覚えるのに忙しくて、ここの書き込みが1ヶ月開いてしまいました。
 ま、1ヶ月もすれば落ち着くと思いますので、来月からまた地図作り(李信伝異聞の世界)をしたいと思います。

 「李信伝異聞が読める図書館」を更新しました(長崎市三和公民館図書室を追加)。

 ちなみにWebで確認した店頭在庫は、ジュンク堂2店 (旭川店、弘前中三店)、 コーチャンフォー3店 (旭川店、北見店、若葉台店)といったところです。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2016-12-21

ひとりごと

あ、忘れていた。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

2017-01-24

光陰は李信の矢のごとし

またしても、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。
いや、速いだけでなく、どうあがこうが時は止められません。

李信の矢も盾を貫通して止まらず、敵を倒します。
速いだけでなく、止めようがないという意味で、
「光陰は李信の矢のごとし」

2017-10-19

あぁぁぁ、晴れ間が欲しい

今年は本当に晴天が少ない感じですね。なんか心も沈んでいく感じ。台風通過後は晴天が続くことを祈る、祈る、祈る・・・。
プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR