2014-05-04

初回配本が売れても、自動的には補充されない

 Webで検索すると、無名の人が自費出版本を1000冊売るのは至難だと出てきます。
 それは最初から覚悟はしていたのですが、その理由の一つが「取次店から配本された本が売れても、一部の書店さんしか補充してくれない」という状況を知って驚きました。
 どうやら書店の店員さんが認知してくれている本(通常は有名作家とか売れ筋の本、表紙や題名にインパクトのある本)でないと補充が無いようです。一部補充してくれている本屋さんでは、すでに2回目の補充も売り切ったところもあるので、補充さえしてくれればもっと売れると思うのですが・・・。

参考にWebで在庫確認できる本屋さんの内、下記本屋さんの売り上げ冊数を集計しました。
<敬称略>丸善、紀伊國屋、有隣堂、今井書店、大垣書店、勝木書店、喜久屋書店、旭屋書店、楽天、アマゾン
販売状況1-16週
・1月15日から4月29日までの1週間単位の集計結果です。ただし、第1週目は紀伊國屋さんは入ってません。
・在庫が減ったら売れたと判断しています(返本の可能性も含んでいますが)。ただし正確な在庫数を公開しているのは旭屋書店さんだけなので、在庫冊数は下記のように判断しています。
 有表示:1冊、〇:3冊、△:1冊(ただし〇から△になった場合は2冊)
 なお、現地確認や出版社の営業さんの情報で確認できた場合はその冊数を用いています。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2014-05-18

本書が読める図書館

 「カーリル」で李信伝異聞が読める図書館を調べてみました。
・福島県郡山市希望ヶ丘図書館
・東京都江東区立東大島図書館
・新潟県新潟市立石山図書館
・大阪府茨木市立中央図書館
・兵庫県神戸市立兵庫図書館
・兵庫県芦屋市立公民館図書室
・岡山県真庭市美甘保健文化センター図書室
・愛媛県西予市民図書館中央館→西予市民図書館野村分館
・高知県香美市立図書館香北分館(6/7追記)
・長崎県長崎市三和公民館図書室(2016/10/23追記)

 6000以上の図書館の中の8館(5月中旬時点)ですから、まだまだ極僅かですね。
 図書館の予算も限られているので、リクエストがあったとしてもやはり有名小説家の本が優先でしょうね。
 逆に、どうして上記8館では置いてもらえたのか、不思議な気がしないでもないです。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2014-06-07

営業で売れても補充無し

 先日「初回配本で売れても補充無し」と書きましたが、初回配本というのは取次店(出版社と本屋さんの間にある会社)が独自の配本パターンにしたがって本屋さん送るものなので、本屋さんから発注したものではありません。本屋さんとしては販売ノルマを与えられたようなもので、その本が売れたとしても「ノルマ達成」であって、必ずしも補充しないというのは致し方の無いことかもしれません。

 ちなみに、本屋さんは本が売れてから取次店へ支払いすればよいと私は思っていたのですが、実は契約によっては売れたかどうかにかかわらず2週間後とか1ヶ月後で代金回収されてしまうようです。もちろん後日返品すればその代金も返ってくるのでしょうが、金利やキャッシュフローを考えるとそう簡単には在庫を持てないということになります。

 さて、強制的な配本では無くて本屋さんの判断で注文した場合は、売れると思って注文したのだから実際に売れれば当然補充してくれても良さそうです。しかし、必ずしもそうではないようで、またしても愕然としました。
 本屋さんの自発的な判断なら補充はあるのでしょうが、出版社の営業担当から勧められた場合は、「お付き合い」で発注して、売れたら「お付き合いノルマ達成」となるのかもしれません。
 実際、V2ソリューション(お手軽出版ドットコム)の営業さんが本屋さんへ売込みして、本屋さんに発注してもらった冊数を下記に示しますが、ネットで在庫確認してみると売り切れても補充されないケースが目に付きます。

営業

 このうちネットで在庫確認できる本屋さんからの発注は16冊だったので、全体の傾向として必ずしも補充されないというには言いすぎかもしれません。

 ところで、上のグラフを見て判ると思いますが、5月の営業成績は0冊です。理由としては「在庫が残っている本屋が多い」とのことでした。ネットで在庫を見れる本屋さんで現在在庫のある店舗は、多いところでも全店舗の1/3、少ないところでは1/10以下なので納得しがたい理由ではありますが、V2の営業さんが回ってる店舗では残っているところが多いのでしょうね。

 よくよく考えてみると、V2さんも毎月新刊を何冊も出しているので、本書にかける手間はわずかだろうなと想像できます。さすがに出版した月は多少時間を割いてくれるかもしれませんが、1月の新刊は小説だけでも6冊、その他合計で14冊もあります。面会時間を1時間とすると1冊5分以下、過去3ヶ月分の売込みやら挨拶やら何やら考えると、1冊の紹介時間は3分以下とか1分以下ということも十分考えられます。もともと営業期間は2~3ヶ月という話だったし、いまさら1月新刊の売り込みに時間を割けなかったというのが実情ではないかと思われます。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2014-08-03

返本率76%

 半年たって、出版社(V2)から配本状況の連絡がありました。下のグラフ(上側)に示すとおり印刷1500冊のうち、取次店による配本実績が54%、出版元営業さんが注文をとったのが5%、補充の推定値(直販含む)が2%、合計61%(928冊)が書店へ卸されています。

 結果として半年間に返本されなかった本、つまり売れた本と市中在庫の合計は224冊だと連絡がありました。返本率は、実に76%になる計算です。最初のブログ記事に「初回配本が売れても補充なし」と書きましたが、実態は「返本したから補充なし」が大多数だったようです。

 市中在庫は、ネット見れる範囲では50冊程度です。それらは大手書店で占められているので、その他は少ないと考えて市中在庫74冊とすれば実売は150冊になります。逆にワーストケースとして、補充があった書店だけが実売したと考えるとネットから見た状況では50冊どまりになります。

 つまり、実売は50~150冊の範囲ということで、根拠はありませんが間を取って100冊が実売だと考えています。


配本実績


 ちなみに配本予定は上のグラフ(下側)で考えていました。これは出版社さんのホームページに記載された比率より少なめに計算した値です。実績がそれより下回ったのは残念です。

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

2014-08-12

「なか見!検索」対応

 アマゾンの「なか見!検索」に対応しました。最初の22ページを見ることができます。

 4~14ページが目次です。出生から65歳まで、毎年の出来事をタイトルにしています。
 17~22ページが本文です。李信が生まれた年のほぼ全部を読めます。

 「なか見!検索」に対応してもらう費用はV2ソリューションさんの場合2000円+税でした。最初から対応することも考えましたが、できれば本屋さんで読んでもらいたいと思って委託配本期間が終わるのを待っていました。

 委託配本期間は6ヶ月あるのですが、実際には1~2ヶ月で大半が返本されるようです。1週間程度での返本も珍しくは無いそうで、店頭で目に触れる機会はかなり少なかったと思われます。そういう点からすると、もっと早く「なか見!検索」に対応したほうが良かったのかもしれません。

 もっとも「なか見!検索」は立ち読みと違って読める範囲が限られています。もう少し読みたいとか、最後の地名一覧を見てから買うかどうか決めたい方は、図書館でリクエストするか、もよりの在庫店へどうぞ。ありがたいことに委託配本期間を過ぎても在庫が残っている店があります。中には3回補充していただいた書店も4店舗あます。

補充回数

 上のグラフは、ネットで在庫を見れる書店で、現在在庫がある書店の補充回数を示したものです。在庫切れして1週間~1ヶ月ぐらいで補充されています。初回在庫(補充なし)が過半数を占めていますが、配本が3~5冊と多かったために残っているケースもありますので、その店舗で全く売れてないとは限りません。

 残念なことに1回以上の補充がありながら、その後在庫切れが1ヶ月以上続いている店舗が5店あります。実売実績があったらぜひ補充をお願いします→書店様m(_ _)m

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

浅水伸彦

Author:浅水伸彦
李信の小説を読みたいのになかなか出てこないので、自分で書いてしまいました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR